空中移動基地 うちの子まとめ - 桑原れんげ(超日)
名前桑原れんげ
よみがなくわばられんげ
年齢初登場時は14歳
性別女性
身長153僉\長後は160
体重47圈\長後は56
種族人間
所属フリー
職業アイドル
シンガーソングライター
二つ名“ド底辺アイドル”
初出作品超日本プロレス血風録
http://novel18.syosetu.com/n1090dj/
派生キャラ桑原れんげ(機動駐在コジロウ)

“暴走機関車”出井吾一の一人娘。だが、両親が離婚しているので、現在の名字は母親の旧姓である。
プロレスラーである父親に対しては特になんとも思っていなかったが、父親の意思で家庭に押し込まれていた母親が反発した末に離婚した様を目の当たりにし、好きなように生きていいのだと自覚する。
その後、とある芸能プロダクションにスカウトされてアイドルとしてデビューを果たす。順調に下積みとレッスンを重ねていたが、マネージャーである真名井紫亜と恋仲になり、それを理由に解雇される。
だが、桑原れんげはその程度で折れるような女ではなかった。紫亜と共にフリーのアイドルとなり、地道に仕事を続けていたところ、とある番組のリポーターとして超日本プロレスに赴いた。それから紆余曲折を経て、れんげは超日本プロレスの所属となり、試合前のパフォーマンスや出井吾一のセコンドを勤めることとなる。無論、プロレスファンからは反発はあったが、次第に受け入れられていく。
だが、女子プロレスラーに転身することはなく、アイドルを卒業してからはシンガーソングライターとして活動を続けている。

アイドルらしく振る舞っている最中は可愛らしいが、根は気が強くて口も悪い。が、その分の結果は出す。
同性愛者なので超日本プロレスの所属レスラー達に媚びを売ることもなく、出井が娘にちょっかいを出されないように気を張っていたので、姫扱いされることはない。
真名井紫亜とは公私共にパートナー。両親に受け止めてもらえるまでは少し時間が掛かったが、二人が幸せならそれでいい、という具合に見守られている。